真冬でも寒さを感じさせない和の家に住みたい!

北東北に住居を構える私として、冬の寒さには堪えます。最近の住宅やマンションは高気密高断熱が当たり前のようになっていますが、古い家は隙間があったり断熱性能が不十分であるため、とても寒く感じます。日本の住宅では、今現在も局部暖房が主になっています。これは部屋ごとに室温が極端に異なることがあるため、現在問題になっているヒートショックの原因にもなっています。

 

欧米では暖房がセントラル方式となっており、家中どこにいても暖かく温度差も小さいのが利点です。建設費や光熱費がどうしても高くなる傾向にあり、これを満足なものにするためには、建物そのものにお金をかける必要があるため、日本では敬遠されがちなのは事実です。また、日本にはこたつ文化があるため、その要素も大きく影響していると思われます。現在ではこたつを所有している家庭が減少傾向にあるようです。これは和室というものを設けなくなってきていることや、生活スタイルが和風から洋風になってきているのも挙げられます。

 

私が理想としているのはこういった生活ではありません。生活自体は洋に近いものがあるかもしれませんが、家は和にしたいです。和と言えば畳ですが、畳も断熱畳が最近では主流となっています。また、和と言えば縁側や大きな掃き出し窓が付いていることが挙げられます。但し、この窓の大きさが寒冷地では曲者になります。窓の大きさが大きくなると、現在主流である断熱サッシを使用しても壁と比較すると断熱性が落ちてしまいます。但し、窓が小さくなると部屋の中が暗くなってしまい、これはこれで非常に生活が窮屈になります。その辺り見た目重視ではなくバランスがとても大切であると思います。

 

純粋に和の家は1階床下がとても寒いため、防寒対策が必須となります。いくら部屋が暖かくても床が冷たいと経験上、とても体が冷えてきます。生活している上でこの上ない不快になることがしばしばあります。1階床は基礎部分から断熱を行って床下から温める方法がありますが、建設資金や維持費が捻出できるのであれば是非採用したいものでもあります。

 

家の中どこにいても、家事をこなしている間でも家の中が暖かいことは、気分的にもプラスになりますので、是非こういった和の家に住んでみたいです。